2018.04.11 Wednesday

ねむい

先日、ちょっと半日、時間が空いたもんで、ぶわ〜っと南阿蘇までドライブ。

う〜ん、壮大な景色。

毎日毎日、追われるような感じから、一瞬ふっとなる

桜はもちろん、藤も咲き始めた。どうなることやら…。

ふっとなると、猛烈なねむさに襲われる。

うってかわって、先週の土曜。みぞれとあられ混じりの雨と雪やよ!

たき火であたたまりながらの朝倉

すっかり土石流でうまった家が並ぶ。

ここの公費解体がもうすぐはじまる。

そのまえに取り出したいものの依頼。

とりあえず動線のための道づくり。

ようやく扉に行きついた…。

地道な作業が続きます。

昨日から、耶馬渓の土砂崩れのニュースが続いています。

砂防ダムじゃあ、だめやったか…。夜通し捜索がつづく。どうか、ひとりでも…。

2018.04.03 Tuesday

青のテーマ

4月2日は世界自閉症啓発デー、4月2日〜8日は発達障害啓発週間。

これにあわせて、日曜日は自閉症の子どもたちや大人たちの企画。

昨日は、ブルーに染める企画。

2日間、内容のある勉強になる企画でした。

自閉症っていってもひとりひとり違う。その子のことをよく知る・理解することがまず大切かなあと思う。

そして、色んな感じ方をする人・自分とは違う色々な人がいてあたりまえと感じる寛容さのある地域や社会が必要やと思う。

「よくわからない」という怖さがある。そういう人を、警戒してしまいがち。でも、よく知ると怖くなくなる。

今週一週間、市役所ロビーで展示もあってます

市役所も1週間、夜は青にそまります。

点灯式にて

2018.03.18 Sunday

暗渠担当

朝倉にて。

さしよりチームと地元の農業してある人たちと一緒に泥だし。

もうすぐうちの宮部でも川さらえがある。似たような作業やけん、ちょっとうれしい。

出した泥は重機で運び出し、トラックで運搬。水田がひろがる地域だけど、泥でうまったままのとこが多い。

災害の復興対象になっているとこもあるが…。いつ工事がはじまるか。入札も不調が続いとるらしい。

暗渠(あんきょ)のなか。シャベルも使いがって悪く、結局手作業。

小さい私は、入り込める。暗渠担当みたくなってきた小さいことも役にたつ。

暗いなかで縮こまっていたので、外にでたら明るさで目がくらむ。

は〜、すっかり春(^^♪

2018.03.16 Friday

エクセルの人

春のものがおいしい季節。

右は、フキノトウばゆがいて鰯節(これはカツオじゃないけずり節が合う)と醤油でざっとあえる。

ご飯の友。

予特(予算特別委員会)が続く毎日。

弁当をかっ込む。

今夜も帰りは10時になってしまった。ご飯食べて…。

明日の予特の準備がいまからはじまる。うんにゃ、もうでけん…。明日、早起きして…💤

先日、Aさんの外出。甘木山へ。

ゆる〜くなった空気に、まったり。

最近、まわりの人たちが変なことばかり言いよらす。思い込みしとらす。

もう指摘する気もなくなった。

昨日は甘党議員が、「エクセルの人」がどうのこうの言いよらす。

「エクセルの人っちどげんか人やろか」ち聞きよったら、最終的にわかったのは「エグザイル」やった。

今日も「アスペクト」ち言いよらした。「リスペクト」のことやった。

あんまり、使いなれんことば言わんほうがよかですよ、ち言うだけ。

うちの母ちゃんは、心肺蘇生するやつば「エルイーディー」ち言わす。緊急のとき、「LEDばもってきてください」ち言わして、本当にLEDばもってこらしたらどげんさすやろか・・・。

にいちゃんはにいちゃんで、「DV」のことば「DVD」ち言わす。

ま〜、私も「アスクル」と「リクシル」と最近手鎌校区にできた「リクシス」の区別のできんでおるけど…。

ずっとひとりぷんぷんしよることがある。行政用語なのか…「屋内運動場(おくないうんどうじょう)」ち言わす。

は?なん、屋内運動場って…。

学校の「体育館」っち言えばよかつに…ったく…。

「ギギが生じました」ち言わして、「なんすか、ギギって?」っち聞いたことがある。「ガガ」やら「キキ」はわかるけど、「ギギ」っち知らんやった。「どげんか字ば書くとですか?」ちきいて、なんとなくわかる。なかなかよくわからない世界です。

2018.03.10 Saturday

いやいや

すっかりブログさぼっとる間に、春らんまん。

梅はわんさか、こぶしもモクレンもつぼみパンパンに膨らませて…。

パソコンにむかうのが、アレルギー気味。

たまっているメールもみたくない…、心もシャットダウンの日々。

ラインもフェイスブックもしたくなくてまだガラケー。

だいたいからブログ自体、苦手。

とはいえ、毎日、意外な人たちから「ブログいっちょん更新しとらんやん」ち言われて…。

すわっ、今日から復活。

先日の議会質問もうまくいかず(介護保険とごみ行政)、来週からの予算特別委員会で挽回しようと思うが、まったく手つかず

今日は、カブで新聞くばりに励みながら、なぜか愛燦燦を唄い続ける。

よか歌やね〜。バイクやと大声で歌える。

口に虫の入るけど…。

上をむいて歩かない。いつも下をむいて歩く。下にはうれしいものがいっぱいある。

これから、ツクシもワラビも。

昨日は中学校の卒業式。いっぱい、うれしそうな顏をみた。

明日は、東北大震災から7年目。飯館村のあの人は、双葉町のあのひとは、顏が出てくる。

今、どうしてあるか…。

2018.02.12 Monday

飛びます飛びます

クククッ(^◇^)

ちょこちょこいく動物園。おもしろい掲示板もたくさん。

なんで、絶滅している動物がおるのか、じゃあ絶滅してる個体だけ増やしたらいいのか、うんにゃでけん、動物の世界の生態系と食物ピラミッドの仕組みもさりげなく教えてくれる展示がある。

先日はモモイロペリカンのペリーさんが亡くなったのでお参りに。

おっ、はじめて動きよるとこ見れた!ナマケモノのクリ。

昔、猿山だったところにムフロン。かっちょいい(^◇^)

あさひでしょ。

リラでしょ。

ホワイトタイガーのホワイティね。

この前、友達と動物園の話しよったら、そん友達、「クリがね・・・」「ペリーさんがね…」っち名前で話さすけん、「ぶわっ、すごさ〜」ち思うた。あ〜た、どんだけ動物園行きよっと…。

ちゅう私も結構行くちゅうこつは、大人の女子(一応)も多いとやろね。

う〜、見に行きたい!う〜、行けない…う〜行きたい。

2018.02.11 Sunday

ごみとうんこ

大牟田市と荒尾市のゴミが集まるRDFセンター。

人間が生活するうえで避けては通れないごみ、そしてし尿処理。

これが大牟田でどう処理されているのか、先日みにいってきました。

ご存じの通り、大牟田市(大牟田・荒尾清掃施設組合)は、ゴミをRDF化(燃料化)して、お隣のRDF発電所で燃やし発電し、売電して運営する方式を選択してきました。広域でごみを集めて、RDF化する限界(ゴミが集まらない)、ゴミの減量化に逆行する施策であることや、ゴミの搬入料の高騰化など、経費的にも様々な課題がありました。

耐用年数をむかえ修繕を繰り返しながら延長することになりましたが、平成35年でそれも終了。時期ごみ処理方式をどうするのかの議論がはじまりました。

 北九州みたく、なんでももやす大型の溶融炉の採用、極限までごみの減量化に取り組み、最低減焼却する自治体、まったく焼却しない自治体とさまざまですが、そこには、リサイクルの出口の保障や最終処分場の確保などとリンクした課題がある

燃えるごみの中に入っていたため、機械をぶっ壊したやつらたち。

ハンマーやボーリングの玉など

 毎年、ゴミ全体の量としては、減少傾向。人口減やリサイクル率・ごみの資源化が進めば、当然ごみの量は減ってくる。

ただ、どの自治体も共通しているのは、ゴミに含まれる水分の多さ。焼却するにしても効率が大変悪い。重量の半分をしめることも。ごみの水分をいかに除去するか、どこも頭を悩ましている

大浦谷の最終処分場。ここに燃えないゴミ(資源化できない・してないもの)が埋め立てられている

ふ〜…。そうやよな〜、そういうことだよな〜と眺めながらため息をつく。

うんこはどこへ、も私の大きなテーマ

頭ではわかっていても、なかなかピンとこなかった…。

東部環境センターに集められ、生物ろ過され、水分は浄化施設に送られ、消毒され排水。

うんこもいくつものろ過装置や機械を通る。この微生物をつかった処理はいまや一般的ばってん、やっぱ、すごいな〜ち思う。

最終的には

肥料(グリーンコンポスト)となる。「在庫は残らんとですか?」ち聞いたら、

「わりとすぐ無くなるぐらいはける」げな。農業者や家庭の菜園に利用されよる。

し尿処理量も今や、下水道普及により減少。機械の3コースのうち1コースが停止状態。

なんか、もったいない気がするのは私だけでしょうか…。

ゴミ収集もし尿くみ取りも多くは民間業者に委託されています。しかし、効率の悪い場所(パッカー車や大型のバキューム車の通らない狭い道路の多い地域や家が集まってない地域、山間部)などは、市の職員が直接収集しています。リヤカーを引いてごみを収集している姿をよく見かけます。採算や効率性では解決できない公共サービスの役割とともにそれをささえる地方自治体の仕事って、本当に大切なんやと思う。

2018.02.04 Sunday

呉線

今朝の文化会館前。じゃんじゃん雪が降ってきた。

本日は大牟田市地域福祉大会。

歩道橋の上から…。子どもたちが雪遊びをはじめた( ^^)

午後から、新日本婦人の会の新春の集いへ。

こんな寒い日に、たくさん集まる。

憲法は今が旬。根拠をしめしながら、渾身の講演。

昨日の続き。呉線は、海を眺めながら(^◇^)

わくわく。呉線は何度か乗ったことがある。

呉では、議会の報告会・意見交換会とともに、議会の調査・政策能力や執行部への政策提言が名実ともに行われている。

それを支える各常任委員会の仕組みや議会図書館の充実。各常任委員会、テーマをいくつかきめて1年2年かけて、調査・研究・討論を積み重ね、執行部との話しにもっていく。「議会とは。議員とは」の役割を考えさせらる。

専属の司書がいる。

情報収集やレファレンスを行う司書。

大学図書館の司書をやっていた方で、議員と話ししながら、図書や論文を提供。

ぷっ(^-^) 

呉市は「呉氏」というキャラクターがいる。

ダンスがうまいらしい。

ほら、もう春だよ。もうすぐ春だよ。まちどおしい…。

立春。

2018.02.03 Saturday

芸備線

さぶい…

いざっ!車窓が雪景色に変わっていく。

三次(みよし)と呉へ、広報広聴委員会の広聴部会の視察。

議会が市民の意見を聞く、意見交換する様々な方法をしていることのやりとりは熱い。

しかし、さぶい…。ま〜、島根との県境やけえ…。

数日前は1m積もった雪も今は、雪化粧気味とのこと

お〜、心躍る。芸備線はじめて(^^

車窓を楽しめるローカル線はうれしい。

新幹線はつまんない。

今年の4月に三江線(さんこうせん)が廃止げな。三次から島根の江津(ごうつ)。

あ〜、もう乗ることはできないやろな…。

議会と高校生たちとの意見交換会はあちこちでやりはじめられた。

通学路、通学している電車の本数の増加や、移動販売車の導入など街づくりや地域おこしの意見や提案もしっかりされる様子。

主権者教育の一貫。選管が出前事業にいくのが多いらしいが、なかなかむずかしいと思う。

自分の街・自分の身近なことを自分で発言・発信していく機会・それが市政に反映されていく機会をつくることが、主権者教育としてはベターではないやろか、と議員と高校生がやりとりする授業。議員・議会も勉強になるし、励みにもなっとるげな。

明日は、呉線でいきます。

2018.01.27 Saturday

しみじみ

今日、夕暮ればながめながら、「ザ・おおむた」っちゅう景色やね〜としみじみ。

怒涛の1週間やったけど、ま、よかか(^◇^)

先日のそうがかり行動のあとで…。

こっぱずかし( ^^)

本日は、朝倉へ。さしよりチームで泥だし。毎月数回ですが、通っています。

毎回いろんな人が、いろんな思いをもって参加されます。

毎回ちがって、おもしろい。

ハードな作業が続くけれど、現地の方と話しをしながらすると今どういう状況かよくわかる

数か月前に作業した場所をみにきました。

まだまだ、厳しい現実を感じます。

Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
時計
Selected Entries
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM