2019.03.23 Saturday

うっとり💤

トサミズキの下で。

ヘルメット外した直後やけえ、髪のぺっちょりしとう…。

寝癖直しにはよかつばってん…。

しかし、今日は一日ほんま寒かった。

ようやく議会終了。

とはいえ、来週月曜からまた委員会やし、清掃組合の監査も入った。

あ〜、議会報の原稿書きも…。

走り回ってないときも色々ある。こういう色々はなかなか伝えづらい。

ま、仕事ちゃぁ、そげんかもんやろね。してみんとわからん色々な仕事がある。

しかし今日は一日、走りまわりました。

寒さに震えながらのブ〜ン、ブ〜ン。

ツクシももう終わりかけやね。

ばってん、これからタケノコやタラの芽の季節到来やね( ^^)

北部地域が担当って、ちょっと得した気分。

うっとりする景色が満載。

合鴨のガーコ(私が勝手につけた名前)も元気にしとらす

暗くなっても、このコブシの白は火を灯したように浮かび上がる。

かなりあやしい。

この下を、イノシシたちが遊んでいる。

なんか別の世界にいるような感覚におそわれる。

2019.03.17 Sunday

ため息

ため息がでる…。のどか(^◇^)

ウグイスの鳴き声が響く。

宣伝が続く土日。

陸亀のカメゾーが活発になってきた。

抱っこされて来る。ねむそうな目で、よしよしされらす。

もうこの家にきて24年げな。何年の寿命やか…ち話す。

「万年やろか…」「まさか…」

議会も最終版になってきました

個性豊かなおじぞうさんたち。

私が嫌いな言葉がある。

「人材育成」っちゅうやつ。

人間ちゅうことが「人材」っちなった時点で、のっぺらぼうの顏になる。

主体から客体に変わる瞬間。

「人材」ね…。そこに生きる生々しい顏・人間の個性がなくなる

自閉症啓発デーの取り組みも最終版。

ひとりひとりが、尊重される地域・社会づくり。

今の社会の生きる人たちを「人材」という言葉で言うことは、もう最初からちがうんじゃないかと思う。

2019.03.11 Monday

さよなら

本日、3.11のキャンドルナイト(築町公園にて)。

「復興」という名に取り残された人、地域の実情が報告される。

あ〜、飯館村…。

思い返せば8年前。街頭宣伝中に地震のニュース。それに続く津波や原発建屋の爆発。

昨日は、雨の中「さよなら原発おおむた市民のつどい」。

九州の原発は、再稼働にむけて着々と突き進む。

使用済み核燃料の課題も解決できないまま。

一方で再生可能エネルギーの出力制限は、もう12回にも。

おかしすぎる…。

予算特別委員会が続いています。2時46分に黙とう。

頭もうろうとする今日一日でした。

木々の芽吹きに癒されています。桑の実も今年もまたわんさか成るんでしょうね。

「さよなら原発」に舵を切る日がいつか来るんでしょうか。

もうろうとした頭で、考える3.11です。

2019.03.09 Saturday

眠さ満載

街角ウオッチングの確認ウオッチング。

市の回答を受けて、危険個所の確認し続けている。

おっ、今は満潮。諏訪川。川よりも低い地域が広がる。

大雨時の避難場所や避難経路が切実。介護施設を利用・運営する人たち・地域の人たちからの声から。

野イチゴの花が、ぶわ〜っと広がっているところがある。

ふっふっふっと笑いがでる。

4月には、わんさか野イチゴがなる場所。私の秘密の場所。

もう、フキノトウは終わりやね。毎日の食卓をホットにしてくれた

タケノコ農家の人、もう出荷はじまったげなっ!はやっ!おそらく、超高級タケノコなんやろな…。

春のなかでも、段階がある。こぶし咲き乱れの3月。

今日は、早朝の宣伝からはじまり、午前中の会議、午後からはいろんな企画をまわり、夕方からチラシをまき、

夜はまたウロンコロン。は〜、なんか疲れはするが、いろんな人と話ししておもしろい。

足つかって動きよるときはいいんやけど、困るのは挨拶ばせやんときに座っとくと、強烈な睡魔が襲ってくる。

みんなの前で、ウツラウツラしたらでけんけん、それとの闘いが目下私の課題。

相変わらず、さくらちゃんは飛びついてくる。冬毛が抜け落ちる時で私も毛だらけになる。

かわゆかね〜(^◇^)

   ◆   ◆   ◆

夜中1時すぎの電話…。あ〜、なんかよからぬ連絡やな〜と思うたら案の定、Yさんが救急車で運ばれたという病院からの連絡。

身寄りがない人の身元引受人にならざるえない現実。季節の変わり目は、体調も変わるのか…、いろんな人のいろんな連絡が入ってきて、そのたびにあたふたする最近です。

2019.02.27 Wednesday

ワクワク

国東のおじちゃんから送ってきてくれた椎茸。

毎晩遅く帰って、バタンキューの連日ですが、うまいもん食べて元気をふるいたたせ・・・。

ばってん、うちのめされて帰る毎日。

昨日は、大牟田荒尾の清掃議会。

なんか、頭爆発しそうな予感。

ネコヤナギがではじめた。

うちのめされても、それでもちょびっとワクワクするのは、春の気配を感じるからでしょうか。

家の庭は、現在、サヤエンドウの花まっさかり。

議会がはじまりピリピリする

ミモザ。もうすぐ国際女性デー。女性の参政権を獲得する運動の象徴。

あ〜、まだなんにも質問書いてないのに、質問取り(もんどり)でうちのめされている…。8年前とあんまり変わってないな〜。

追いつめられてぐちゃぐちゃになりながらの質問づくり。とか言いながら、土日の夜につくろうと思っている。

2019.02.24 Sunday

ぶぇっくしょん

梅咲きほこり〜♪

いい香りがあちこち走りよると感じる。

春到来なんやろうけど、くしゃみが止まらない。

あ〜、毎年のあれがきたな…。

ティッシュ箱抱えての毎日。

昨日の藤井克徳さんの講演。最初、くしゃみが止まらずまりにご迷惑。

なぜ「合理的配慮」なのか。

過去と今と未来をつなげてのテーマ。

医学モデルから、社会モデルでとらえる障がい者権利条約の「障がい」の定義。

つまり、私とあなたも含まれる社会のありようが問われる課題。

この街で生きてよかった、という社会、それはかなりその街の政策で左右される。

いっちょん逃げんし。さくらは吠えるが、「それがなにか?…」ちゅう感じで歩きよらすし

じっと、魚をねらう。

あ〜、春が近づくと、みんなあわただしい。

私もちょびっとはあわただしく、本日はあちこちウロンコロン。

冷凍ノリの収穫の最終版。本日の有明海。

ノリは、カキの殻に、ノリの種をつけて海の畑で育てるんです。

その網をまず、秋口にヒビに結わえて育てる。一番ノリ、2番ノリと収穫していく。

そして、いったん全部ひきあげて、つぎに秋に冷凍しとったノリの種のついたカキの殻をもう一回海の畑で育てる。

まあ、田んぼでいう二期作みたいなもの。

今年のノリは収穫高が厳しいと、先日の常任委員会での報告。

水温が高く、年末の1番ノリ、2番ノリがぐっと減ったげな。

年明けから収穫の冷凍ノリでどれだけもりかえしきるか…。

ぶぇっくしょんっ!鼻水がつ〜っと出る。あ〜、化粧もいちおうしよるけど意味んなか…。

2019.02.22 Friday

毎日がハプニング

Nさんの着替えの足りん!と病院から電話。最近、下痢の続いとらすけんな〜…。

ブ〜ンブ〜ン。

毎日、予定になかった用事が、ポンポン舞い込んできます。

そのたびに、あたふた(';')

ブロッコリーの花(^^♪

昨日は、朝の宣伝から議会前の常任委員会。

9時から1時…、朦朧として部屋をでる。

絵本ギャラリー、新栄町駅前再開発、下水道区域の変更などなど。

そのまま、ふたつの会議をはしご。昼ご飯抜きがこの数日つづいていますが、ま〜、慣れたらたいしたことない

夜の会議のまえ、夕暮れにぼ〜っとする。勝立付近。

あ〜、議会質問の準備に手もついておらず、目の前の予定やハプニング発生に走り回る。

気が付くと、「ぎゃ〜、来週から議会はじまる"(-""-)"」。

誰もが主人公になれる街になりたい。

世界自閉症啓発デー(4月2日)の企画にむけてみんなで準備。

2019.02.10 Sunday

最近、写真をよく撮られます。

「だいたいから、選挙は顏で選ぶわけじゃあなかろ〜もん…。たいした顏しとらんとに…」

とぶつぶつ嘆いています。

8年前に描いたカット。やっぱ、皺ば書きたしたほうがよかろーか…。

街角ウォッチングの市の回答日。市内約50か所の改善策。

「すでに対応しました」「早々に改善します」の回答に喜び、「対応はいたしません」の回答に、「ぶわっ、まじか…」とため息。毎年毎年の粘り強い要望が続きます。

市は、市役所本庁舎の解体、現地建替えの方針しめす。

「ぶわっ、まじか…」

街のいい意味でも、悪い意味でも、顏であるこの庁舎。

好きか嫌いかを乗り越えたもの。

この大牟田の街のつくり・歴史の象徴でもあると思う。

空襲でも焼け残り、登録有形文化財でもある。

市役所として利用しないにしても、別の活用方法があるのではと私自身は模索。

保存するにはお金がかかる。そりゃそうやと思う。

しかし、保存の方法・工法によっては、役所が言うほどかからない。

「なんですぐ壊したがる、なんでんすぐ建てたがる」いつも違和感感じる。

せっかくアスベスト除去作業がすんだのに…、せっかく耐震化工事がすんだばっかりだったのに…、これまでもそういう公共施設がバタバタと解体されたし、これからも解体予定である。解体費もすごい額である。青年の家が解体されたときも、「えるる」建設と一緒に解体することで解体費が市の負担とならない(もしくは負担が軽くなる)理由だった。

一方で絵本ギャラリーの建設計画はどんどん進む。

建設業界としては、それが長く使われることに価値はないのかもしれん。解体・建替えが頻繁に続くことが大事なんやろな。

    ★   ★   ★

あちこちの街を訪れ、同じビルやマンションや公共施設が立ち並ぶ街は、正直つまんない。

市役所建替えが急浮上したのは、熊本地震。全国の市役所庁舎の耐震化の課題が浮き彫りに。

これまで「役所の建替えのお金はその地方自治体のお金で」、という方針から「3年間は国もお金を出します」と変更した。急いで建替えに入らないと交付金が入らない、と焦る地方自治体。

財政的に厳しい地方自治体は死活問題。

やっぱ、お金の問題なんやな…。

 

2019.01.29 Tuesday

犬の気

蝋梅(ろうばい)っちゃあ、ほんまよか名前ついとるち思うわ。

「蝋梅」以外の名前はあてはまらんもん。

好きな花です。

先日は「人の気も知らんで」ば連発したけど

サクラの散歩しながら、ほんと「犬の気も知らんで…」ち思われとるやろな〜。

犬は人の一日を1週間ぐらいに感じるんやろな〜。寿命を考えると時間の流れは6倍ぐらい早いはず。

1週間に一度散歩に行くけど、サクラはひと月ぐらい待っている計算。

遠くにバイクの音が近づくと、「はやく散歩に行きたい」(想像やけど)とクンクン鳴く。

あ〜、サクラだけよ、そんなに喜んでくれるのは…とため息をつく。

この景色のなか、「サクラと散歩するのは楽しい」と感じる私って…。

「あ〜、みそこねた〜!」

先日、筑後6市議会の研修でみやま市へ。

昔から伝えられている芸能。

おもしろいな〜と思うのは、その地域ごとの特徴があること。

京都に住んでいたときに、身近にお能や狂言や踊り・舞などに触れあえたことで、「あ〜、それぞれの地域にそれぞれの文化があるんや」と体感できた。それが、おばあちゃんちの大分の国東や、大牟田、近隣の伝統文化に興味をもつきっかけになった。

宮部も結構おもしろい。その空気が住んでいる人のたたずまいもつくっとる。

「あ、この人は宮部の人や」ちわかるもん(大げさかも…)。

笑う練習。新婦人の事務所で。

私、心のそのまま顏に出るけん、なかなか職業柄苦労する。

メンタルは、3歳児。なおみさんば見習わないかんな〜。

ここは、どげんかできんかな〜と悩んでおる。

高齢者がよろよろっとよろめいて落ちそうになることしばしば。

小学生も通行する。

今日も、あちこちウロンコロンして、ぐたーっとなる夜更け。

あ〜、明日また朝の宣伝やった…。

朝よ!たまには寝坊してほしい。

「寝坊しました。今朝の日の出は、1時間おくれます」ち、ならんもんか。

 

2019.01.24 Thursday

朝のリレー

朝、家の庭から。

冬の景色って、私、嫌いじゃない。

なんでやろか…。

朝のリレー(谷川俊太郎)って好きな詩がある。

ばってん、それは最近になってから。

キラキラして、美しければ美しい朝ほど、うらめしかった。

どんなに悲しいことがあろうが、どんなに気がめいろうが、朝がやってくる。

「残酷やな〜」と思っていた…。人の気も知らんで…、と。

確実に朝が来て、日々は過ぎて、そして冬は春にバトンを渡す。

そのバトンを渡した瞬間を感じる時に、やっぱり私はワクワクしてしまう。

食い気が、ビビッとくるんやな〜。フキノトウ。

ふっふっふっ(^◇^)。

なんやかんやあっても、うまいもんはうまい。

「人の気も知らんで」朝は来るし、冬から春になる。「人の気も知らんで」たんたんと移りゆく力強さとしたたかさに、人は「希望」やらを託すのかもしれん。春の準備をしている冬の姿は、やっぱり美しい。

どんより寒い宮若へ。大牟田荒尾清掃組合の監査での視察。

ごみを、大牟田のRDF発電所にもってきよった宮若市が、発電所終了をどう乗り越えるか。

それにしてもさぶい…。

トヨタのレクサスをつくっている工場がある。

「ひえ〜っ」ちゅうほど、働く人たちのたくさんの車が駐車してある。

企業誘致で人口は増えたですか、ち聞いたら

「うんにゃ」げな。ほとんど市外の人たちが通っています、げな…。

Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
時計
Selected Entries
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM